メリット・デメリット

自己破産のように債務が0になるというものではないのですが、大幅な借金の減額が見込める民事再生のメリットだけではなくデメリットも知っておきましょう。

自己破産まず民事再生のメリットとして挙げられるのは最大で借金が原則1/5に減額されることです。手続き後の返済の負担が軽減されます。また自己破産とは違い、手続きをしても住宅や車などの財産を手離すことなく生活を続けることができます。また自己破産では免責を受けることができないギャンブルや浪費などの借金も民事再生であれば利用することができます。自己破産と違い、資格制限がないことも大きなメリットとなります。

次にデメリットです。デメリットとしては自己破産とは違い借金がなくなるわけではないので手続き後も返済をする必要があります。民事再生ができるのは住宅ローン以外の借金なので住宅ローンの減額はできません。またブラックリストに載ってしまうので、一定期間新たにローンを組むことができなくなりますし、一時的に官報に載ってしまうので第三者に見られてしまう可能性も考えておかなければなりません。この他には任意整理や特定調停、自己破産など他の債務整理に比べると手続きが複雑で時間もかかってしまいます。

Pocket

民事再生とは

民事再生は個人再生とも呼ばれています。簡単に言えば、自己破産と任意整理の間のような制度であり、自己破産や特定調停と同じように裁判所に申立を行うのですが、自己破産のように全ての借金が0になるというものではなく、借金の残高を大幅に減額して返済計画を立てるものです。自己破産のように借金の返済義務がなくなるというわけではないのですが、大幅に減額されることから返済の負担を楽にすることができます。

民事再生民事再生を利用することができる人としては、住宅ローンを除く借金の総額が5000万円以下の人、今後の返済が不能となる恐れのある人、そして継続して収入を得る見込みのある人です。整理後は原則として3年間で法律で認められた最低弁済額か保有している財産の合計金額のいずれか多い方の金額を最低限返済していかなければなりません。

民事再生には小規模個人再生と給与所得者等再生の2種類の手続きがあります。小規模個人再生は住宅ローン以外の借金の総額が5000万円以下であり、継続して収入を得る見込みのある個人が利用できるものです。これに対して給与所得等再生は小規模個人再生を利用できる人の中で給与などの安定した収入があり、収入の変動幅が小さい人が利用することができるものです。小規模個人再生よりも給与所得等再生の方が整理後の返済額が高額になる傾向にあります。最後にメリット・デメリットについて説明します。

Pocket

負担を減らす債務整理

消費者金融や銀行、信販会社などキャッシングを提供している金融機関や貸金業者は多く存在します。キャッシングは急な出費や給料日までの繋ぎ資金などで便利に利用することができるものですが、使いすぎてしまうことで毎月の返済が負担になり、最悪の場合には返済不能に陥ってしまうこともあります。借金の返済をするために新たに借金をしてしまったり、返済が負担になって毎月の生活が苦しいという人もいるのではないでしょうか。借金の返済に困窮している場合は新たに借金を作るのではなく、今ある借金を整理して負担の返済を減らし、計画的に完済を目指すことが大切です。

弁護士そこで借金に困った際に相談先として利用されているのが弁護士事務所です。弁護士に今の借金の状況を事細かに説明し、相談することで借金返済の負担を減らす方法を提案してもらうことができます。弁護士に相談することで借金をしていることが家族や周囲の人に知られてしまうのではと不安に思う人もいるでしょう。基本的には弁護士に相談することで借金を抱えていることが周囲に知られてしまうということはほとんどなく、秘密厳守で誰にも知られずに借金を整理することができます。督促や取り立ても弁護士に相談し、手続きを行うことでストップします。弁護士に相談すると任意整理や自己破産、特定調停などの方法で借金の整理を提案してくれるのですが、定期的、継続的に収入があり、残金を減額して3年以内に完済するのが民事再生です。任意整理や特定調停など他の債務整理では難しいと判断された場合に選択することができる方法ですが、ここでは民事再生について紹介させていただきます。

Pocket