負担を減らす債務整理

消費者金融や銀行、信販会社などキャッシングを提供している金融機関や貸金業者は多く存在します。キャッシングは急な出費や給料日までの繋ぎ資金などで便利に利用することができるものですが、使いすぎてしまうことで毎月の返済が負担になり、最悪の場合には返済不能に陥ってしまうこともあります。借金の返済をするために新たに借金をしてしまったり、返済が負担になって毎月の生活が苦しいという人もいるのではないでしょうか。借金の返済に困窮している場合は新たに借金を作るのではなく、今ある借金を整理して負担の返済を減らし、計画的に完済を目指すことが大切です。

弁護士そこで借金に困った際に相談先として利用されているのが弁護士事務所です。弁護士に今の借金の状況を事細かに説明し、相談することで借金返済の負担を減らす方法を提案してもらうことができます。弁護士に相談することで借金をしていることが家族や周囲の人に知られてしまうのではと不安に思う人もいるでしょう。基本的には弁護士に相談することで借金を抱えていることが周囲に知られてしまうということはほとんどなく、秘密厳守で誰にも知られずに借金を整理することができます。督促や取り立ても弁護士に相談し、手続きを行うことでストップします。弁護士に相談すると任意整理や自己破産、特定調停などの方法で借金の整理を提案してくれるのですが、定期的、継続的に収入があり、残金を減額して3年以内に完済するのが民事再生です。任意整理や特定調停など他の債務整理では難しいと判断された場合に選択することができる方法ですが、ここでは民事再生について紹介させていただきます。

Pocket