民事再生とは

民事再生は個人再生とも呼ばれています。簡単に言えば、自己破産と任意整理の間のような制度であり、自己破産や特定調停と同じように裁判所に申立を行うのですが、自己破産のように全ての借金が0になるというものではなく、借金の残高を大幅に減額して返済計画を立てるものです。自己破産のように借金の返済義務がなくなるというわけではないのですが、大幅に減額されることから返済の負担を楽にすることができます。

民事再生民事再生を利用することができる人としては、住宅ローンを除く借金の総額が5000万円以下の人、今後の返済が不能となる恐れのある人、そして継続して収入を得る見込みのある人です。整理後は原則として3年間で法律で認められた最低弁済額か保有している財産の合計金額のいずれか多い方の金額を最低限返済していかなければなりません。

民事再生には小規模個人再生と給与所得者等再生の2種類の手続きがあります。小規模個人再生は住宅ローン以外の借金の総額が5000万円以下であり、継続して収入を得る見込みのある個人が利用できるものです。これに対して給与所得等再生は小規模個人再生を利用できる人の中で給与などの安定した収入があり、収入の変動幅が小さい人が利用することができるものです。小規模個人再生よりも給与所得等再生の方が整理後の返済額が高額になる傾向にあります。最後にメリット・デメリットについて説明します。

Pocket